豊川本社
〒442-0061
愛知県豊川市穂ノ原3-2-23
0533-84-3983(TEL)
0533-84-3429(FAX)
info@kab-nonaka.com (Mail)

バリクールスプレー

バリクールスプレー:Q&A

バリクールスプレー 技術資料
一般性状
外観 無色透明液体
比重(15℃,原液) 0.67 g/cm3
動粘度(40℃,原液) 0.76 mm2/s
引火点(原液) 0 ℃以下

冷却性調査
<方法>
バリカン(WAHL)の刃に温度計を付け、50℃になるまで稼働させた後、バリクールスプレーを2秒間スプレーし、10秒間の温度変化を測定しました。
比較対象として自社品J と無処理で同様の試験をおこないました。

<結果>
試験結果を図―1に示します。 自社品J は10秒間で10℃の冷却に対し、バリクールスプレーは30℃冷却しました。 バリクールスプレー
図-1 冷却試験結果

防錆試験
<方法>
湿潤試験(JIS K 2246):バリクールスプレーを被覆したSPCC-SB 鋼板を49℃、相対湿度95%以上の湿潤状態の装置内に保持し、発錆するまでの時間を調べました。

<結果>
168時間A級とNP−0相当(屋内約3ヶ月防錆力)の結果が得られました。

乾燥試験
<方法>
バリクールスプレーを1秒間スプレーし、30秒間の残留を観察しました。
比較対象として自社品J で同様の試験をおこないました。

<結果>
スプレー直後と10、20、30秒後の写真を図―2に示します。
バリクールスプレーは跡形なく乾燥したのに対し、自社品J はほとんど残留していました。

バリクールスプレー
図-2 スプレー後30秒間の写真

バリカン部品(ゴム・樹脂)への影響試験
<方法>
バリカンへの使用が想定されるシリコンゴムとフッ素ゴム(25x40x1mm)とABS樹脂(25x40x3mm)にバリクールスプレーを1 秒間塗布。
それを20 回おこなった後の重量・容積(厚み)・外観変化を観察し、シリコンゴム・フッ素ゴム・ABSへの影響を表―1の判断基準で評価しました。
また、比較対象として他社品Aで同様の試験をおこないました。
試験は各2反復でおこないました。

表-1 ゴム・樹脂への影響試験の判断基準
評価 不可 ×
重量変化 ±2% +2〜+14%
−2〜−3%
+14〜+19%
−1〜−4%
+19〜+30%
−4〜−10%
+30%以上
−10%以下
容積変化 −0.5〜+2% +2〜+6%
−0.5〜−1%
+6〜+13%
−1〜−3%
+13〜+30%
−3〜−10%
+30%以上
−10%以下
試料及び液の変化 変化なし 軽微の変化 僅かの変化 かなり変化 著しい変化

<結果>
バリクールスプレー バリクールスプレー 他社品A塗布 バリクールスプレー バリクールスプレーは、他社品Aとは対照的にゴム・樹脂への影響は見られませんでした